・吉田保育園では、お子様の健全な発達と保護者さんの子育てを全面的に支援するために
 利用される方の相談や苦情に、積極的に応えるよう努力しています。

 目的 利用者さんと園との円滑なコミュニケーションを図り、利用者さんが安心して当園を利用して
     いただくことを目的とします。

 体制 相談・苦情解決責任者  吉田保育園園長 大丸 元照
         受付窓口       主任保育士    福森 記歩

 解決のための第三者委員会
     苦情がなかなか解決できないとき、また、直接言いにくいことを解決するために、
     第三者委員が委嘱されています。  

      第三者委員   池田正己(元民生委員)
                大山久志(社協事務局)
                稲留京子(民生委員)

 申し出の方法
    ・所定の用紙に記入し、受付窓口にお出しください。(用紙は保育園に準備してあります。)
    ・園長に直接申し出ることもできます。
    ・第三者委員に直接申し出ることもできます。

 解決の記録
    ・受け付けた相談・苦情は園長が解決に努めます。
    ・苦情は第三者委員に報告することを原則としますが、報告しないことを要望される場合は、その旨を申込書に記入してください。
    ・匿名による手紙やお電話等は、すべて第三者委員へ報告するものとします。

 通知
     記名の要望については、解決責任者より改善したことの報告を通知します。

 公表
     相談や苦情については、御本人が公表を望まない場合を除き、当HP上に公表いたします


 令和元年度 苦情・相談の事例報告

   
事例1 保育中の怪我について
         
内容  保育士の手が当たり園児が怪我をしてしまう。謝罪をした際、保育士の爪が伸びていたことが原因であると指摘され改善を要望される。
         
対応  職員の服装等が原因で園児が怪我をしないように、全職員で確認・周知する。

   事例2 送迎時の引き渡しについて
         
内容  保護者からあったお迎えの電話連絡の内容を職員が誤認し、電話の指示と違う親族に園児をお渡ししてしまう。
              保護者から同じ過ちを繰り返さないようにと要望される。
         
対応  改めて送迎者リストの様式を作成し、全世帯に記載してもらい、職員で周知し再発防止に努める。

 令和元年度の苦情・相談の解決にかかわる第三者委員会を下記のように行いました

       日  時  令和2年1月25日(土) 午後2時
       場  所  吉田地区地域福祉センター 2階会議室
       出席者  第三者委員  3名   施設の苦情解決責任者 4名   
       議  題  令和元年度の苦情・相談事案に関する報告、及び検討